有名な日本のゲームって?

日本を代表するゲーム「マリオブラザーズ」

世界中の誰もが知っている日本のゲームとしてその筆頭に上げられるのは、はやり「マリオ」シリーズです。

任天堂が世に送り出したこのキャラクターが日本の代表として認知されていることは、あの世界的スポーツイベント、オリンピックのリオ大会閉会式において、日本の安倍首相がマリオのコスプレをして来る東京オリンピックのプレゼンテーションをおこなったことからでもわかります。

マリオが主役として登場する最初のゲームは「マリオブラザーズ」です。元々アーケードゲームとして人気を博したゲームですが、家庭用ゲーム機ファミリーコンピューター、「ファミコン」の発売において、その初期のキラーコンテンツとなりました。そしてファミコンが一家に一台、と言われるほど普及するに当たっては、続編「スーパーマリオブラザーズ」がその原動力となったのです。

追いかける「ソニック」

日本においてはマリオの牙城を崩すことは叶いませんでしたが、海外においてはマリオに匹敵するほどの人気を博したゲームとそのキャラクターがあります。それがセガが世に送り出したゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の主役、「ソニック」です。

その愛くるしいキャラクターで海外では大きな人気を誇り、それは現在でも続いています。2020年には実写映画が公開されることも決まっていて、まだまだその人気に陰りは見えないのです。